自分で防犯できるポイントをおさえて安全な通塾を

通塾 防犯

お子さんが通塾する際に自分で防犯する、保護者の方と一緒に確認すべき防犯のポイントをご紹介します。通塾する際は一人で行動しない事がとても大切です。小学生の低学年など下校時間が早く、通塾も早くに行ける場合帰宅時間はまだ明るい事もありますが、一人で行動してしまうと時間帯関係なく狙われやすくなります。必ず同じ方向の子供達と通塾、帰宅するよう伝えましょう。ひとりになってしまう場合は送迎する事も考えましょう。また、通塾路を親子で確認をして、昼夜で道が安全かを見ておく必要があります。昼間は安全であっても夜間は危険な道になる場合もある為、昼間だけでなく夜間でも確認をする事をオススメします。万が一の事が起きた場合も逃げ込める場所や子供110番のお店などを確認しておく必要があります。その際はお店の人に近くの道を何時頃通りますなど一言声掛けをすると良いかと思います。

電車を利用する通塾での防犯のポイントとは

通塾をする際に電車を利用するお子さんの場合は、電車での防犯対策も必要となります。最近ではICカードを利用した防犯対策も展開されています。この見守りサービスは改札を出ると保護者の携帯に通知が届き無事改札を通った事を知らせてくれます。また、残高不足にならないよう、チャージ残高も確認する事ができます。塾の最寄駅の改札の通知が届けば最寄駅の到着時間もわかる為、駅までのお迎え時間も推測しやすくなり、駅に一人で居る時間を少なくできます。お子さんが一人で電車に乗る事となるので、駅員の方などに一人で改札を通る事や何時頃に通る事などを前もって伝えておく事も大切です。お子さんには駅員さんに会ったら挨拶する事を伝え、コミュニケーションを取るようにしましょう。保護者の方以外の大人の目を増やす事で防犯対策にもなります。

通塾をする際の防犯対策と万が一の時の対策とは

通塾する際は常に防犯を心がける必要があります。塾までの道のりは危険な道がないか、一人での行動にならないかを確認しましょう。電車で通塾する際は電車が止まるなどのアクシデントも発生してしまいます。その際の対策などもお子さんに教えておく必要があります。もしもの時はどのような行動をすればよいのかをお子さんにはっきりと教えておく必要があります。徒歩で通塾する場合は近くに交番や子供110番のお店を確認し、困った事があったら助けを求めるように教えましょう。電車での通塾の場合は駅員さんのいる場所や交番の場所を確認し、助けを求めるように教えます。また、その場まで行けそうもないと思った時に防犯ブザーを使えるよう、常に電池が切れていないか、お子さんが正確に使えるかを確認するようにしましょう。