ここを抑えておけばお子さまの通塾も安心できる防犯方法を紹介

通塾 防犯

塾が終わる時間は日が落ちてからという方も多いでしょう。夜道をお子さま一人で行動させるには親としては心配です。親御さんが送り迎えすることができれば一番安心ですが、毎回のこととなると負担も大きいでしょう。ではお子さまを通塾させる際にどういった防犯対策をしたらよいのか、ご紹介していきたいと思います。まずは、日ごろからのお子さまへ防犯に対する注意喚起をしていきましょう。知らない人について行かないのはもちろんですが、ゲームセンターなどに寄り道をしないなど、約束事をきちんと繰り返し伝えておくことがとても大切です。子供が犯罪に巻き込まれるケースとして一人でいる場合の方が確率も高くなります。一緒に通塾する友達がいれば、行き帰りの時間を合わせるなど、できるだけ一人でいる時間が少なくなるように工夫をしましょう。

通塾する際のルートについての注意点

通塾する際に通うルートも防犯にとって大切です。毎回、通るルートは同じに決めておくといいでしょう。できるだけ人通りの多い道や、店舗などが多く明るい道を選びましょう。塾が近くにある場合は徒歩で通う方も多いでしょう。夕暮れ時や夜道の移動は視界が悪く、危険が伴いますので、目立つ色の服や帽子を着用したり、反射板の付いたキーホルダーをバッグに付けておくのも有効です。自転車の場合は、どの自転車にも反射板はついているでしょうが、より目立つようにつける工夫も大事です。前後左右どちらからも見やすく、大きなものがいいでしょう。電車を利用する場合は、乗り過ごした時の対処法や、イレギュラーが起きた場面でも落ち着いて行動ができるようにシミュレーションしておくといいでしょう。慌てていると冷静な判断ができずに不審者に付け込まれる危険があります。

便利な防犯グッズの種類と活用方法

まず、用意しやすいものとしては防犯ブザーがあります。不審者に遭遇した際に周りに危険を知らせることができます。通塾のバッグなどに常備しておけば忘れることもないでしょう。年齢が上がってくると持つのを嫌がるお子さんもいるかもしれませんが、最近ではかわいいチャームのようなものや一見防犯ブザーに見えないようなタイプもありますので、お子さんの気に入ったものを見つけるといいでしょう。携帯電話を持たせるには不安を感じる方もいるかもしれませんが、メリットもあります。困ったときにすぐに連絡が取れるのでお子さまは大きな安心感を持つことができます。また、見守りサービスなどを利用すれば、GPS機能でお子さまの現在地を把握することもできますので、親御さんの安心材料の一つになるでしょう。